9 シングルマザーのお金と仕事。楽しく働いてお金を増やす方法、教えます!

シングルマザーの子供の奨学金。最新の「返済不要の奨学金情報」をキャッチし進学に備えよう。

ユッキーナさんのコラム

北陸のシングルマザー、ユッキーナです。
前回は給付型とは?や、子供の年齢別にどのような奨学金があるかについてお伝えしました。今回は、奨学金の最新情報の集め方をご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

登録必須!給付金&奨学金の最新情報は良質なメールマガジンで集める

関東や関西では、ひとり親支援団体や個人でひとり親向けに活動している方が定期的にメールマガジンを発行しています。

私は北陸在住ではありますが、2つの団体からメールマガジンで情報をチェックして、参考にしています。

しんぐるまざーずふぉーらむ(関東)のメールマガジン

こちらの団体は、関東を中心に全国に2000名ほど無料メルマガ会員がいるそうです。

教育費についての情報共有や、ランドセルの無料送付、シングルマザーのための就労支援、シングルマザーを支援する方のための研修などの活動を行っている団体。

メールマガジンの登録はこちらから行えます。

先日、メールマガジンでお知らせがあった「教育費サポートブック」を無償で送ってもらいました。本来は500円かかるところ、限定で無償でいただけるということで、即申込!
奨学金に関する体験談など、とても参考になる内容が多かったです。

まだ無償配布分はあるそうなのでこちらから申込すると送ってもらえます。

本で教育費についての知識を深めたい方は、申込すると良いと思います。また、本は手元に残るので、後日確認したいときにすぐ見ることができ、便利ですよね。

女性とシングルマザーのお金の専門家(関西)のメールマガジン

ご自身がシングルマザーであるマイライフエフピー加藤葉子さん。ファイナンシャルプランナーとして、NHKでWEBコラムを連載するなど、シングルマザーのお金の話を情報発信されています。

様々な奨学金の情報や、貯蓄についての情報、シングルマザーの生活に役立つお金についての具体的な情報が送られてきます。私があすのばさんの存在を知って支援を受けるきっかけになったのは、こちらのメルマガを読んでいたからでした。

また、このメルマガがきっかけで、先送りにしていた我が家の家計見直しをしたい!と思い、地域の母子会が開催する、無料で参加可能なシングルマザーの家計相談会に行ってきました。
参加したことにより、子供の学費に対する不安を少し減らすことができました。

メールマガジンはこちらから申込が可能です。

学歴による差を感じ苦労しているからこそ、子供の将来に備えたい

私自身は専門学校卒ですが、転職活動をしたときに学歴が足りず、興味のある仕事の面接さえも受けられなかったという経験があります。

そういう意味で子供にはしっかりとした教育を受けてもらいたいと考え、今大変であっても学費を少しでも貯金したり、奨学金を受けられるような学力を子供に身に着けてもらうため、夜な夜な本を一緒に読んだり、ドリルや知育ゲームを一緒にしています。

もちろん子供のやりたいことや進みたい道を応援したいので、無理に大学に通わせたいわけではないのですが、いざ進学したい!と子供が思った時に

「お金がないから諦めて欲しい」

と言うのは避けたいですし、快く「勉強しておいで!」と言える母でいたいのです。

そのためには、まずは親である私自身が給付金や奨学金などについて知識を持ち、自分の子供にあった使える制度はしっかり使える状態にすることが大切だと思っています。

同じように考えるシングルマザーの皆さん、日々仕事や子育てで忙しい中、情報を集めて知識を増やすことは大変ではありますが、こうしたメルマガを読む習慣をつけ、共に子供の将来に備えていきましょう!

この記事が気に入ったら、「いいね!」しましょう。
あなたのfacebookに更新情報をお知らせします。

  • 目次
  • 著者

目次

この連載の著者

  • ナカガワユキナさん

    北陸のシングルマザー、ユッキーナこと、ナカガワユキナです。

    北陸で自分の得意を生かした仕事ができる会社で楽しく働きながら、
    副業(ライター&イベンター&アロマセラピスト)をしています。

    シングルマザー歴は6年目、2018年現在、5才の娘がいます。

    みなさんのシングルマザー生活を応援するべく、コラムを執筆させていただきます。
    よろしくお願いします。

    ブログ

    シングルマザーの生き方ブログ『ヒーリングライフ』
    〜副業と好きな仕事で幸せに暮らそう〜

    URL : http://www.shinmama.site/