1. TOP
  2. 連載一覧
  3. 新米シングルマザーの離婚とお金のリアルな話
Series
6

新米シングルマザーの離婚とお金のリアルな話

ほほ笑み そえる かすみそうさんのコラム

夜逃げのような引越。

夫婦で暮らしていた家を離れた後に住む家が見つかってから、実際に家を出るまで、特に 大きな出来事はありませんでした。

調停時に聞いたところ、元配偶者は私が普段と違っておかしい、と思っていたようです。 家事や育児に疲れているのだろうから、自分が何か手伝わないといけないと思っていた、 と話していました。

これを聞いたときに、私は「やり直すのは難しいだろうな」と思いました。

息子が産まれてから半年以上、ほぼ毎日私は 3 回以上洗濯をしていました。 息子の洗濯物を 1 回。その日私たちが使った衣服、タオルの洗濯で 2 回。そして、元配偶 者の仕事着を 1 回。

何度か自分の仕事着の洗濯は自分でしてほしい、と頼みました。それでも洗濯機に入れて スイッチを押して、終わるころには寝てしまっていたのです。翌朝干せていないととても 怒る人でした。半年間変わることはありませんでした。 夕飯の食器を下げることも、息子をお風呂に入れた後に服を着せることも、しませんでし た。

「自分が何か手伝わないといけないと思った」けれども、1 度も何もしなかった。これが現実でした。

何一つ変化がないまま、息子を連れて、少しの荷物を宅急便で送り、手紙を置いてから家 を出ました。 昼の暑い時間帯でしたが、夜逃げ同様のお引っ越し。私のせいではない、と思いながらも 息子にこんな経験をさせてしまったことに本当に申し訳なく思っていました。

夕方、友人のところに着き、家をお借りして、買い物に行ったり、身の回りと整えたりし ていると、何度も何度も元配偶者からの連絡がありました。帰宅したタイミングです。お 酒を飲んでいることも知っています。話ができる状態ではありません。一度も電話に出る ことはなく、携帯電話を離れたところに置いて、息子と寝ることにしました。

この子を世界で一番幸せにしたい

この日の私の決意です。

それは今も変わらずにいます。

この記事が気に入ったら、「いいね!」しましょう。
あなたのfacebookに更新情報をお知らせします。

  • 目次
  • 著者

目次

この連載の著者

  • ほほ笑み そえる かすみそう

    1981年3月生まれ
    大阪府在住
    4歳の息子と二人暮らしのシ ングルマザー

    離婚を考え、夜逃げのように別居を開始。
    その後離婚調停をするも、調停では離婚ができず、
    また、弁護士費用の問題などで裁判をすることもできず、
    結局離婚しないまま別居生活を継続。
    最終的には、元配偶者の合意を得て離婚が成立しました。

    その間、金銭的にはほぼその日暮らしのような生活をしたり、
    保育園の問題に悩んだりしながら、現在の生活を確保することができました。

    そんな経験そのものや、その中で試行錯誤、工夫してきたこと、学んだことをお伝えし、今悩んでいる方の少しでもお役に立ちたいと思っています。

Columnコラム