1. TOP
  2. 連載一覧
  3. シングルマザーが再婚するために必要なこと【まずは苗字を変えて自立しよう】
Series
9

シングルマザーが再婚するために必要なこと【まずは苗字を変えて自立しよう】

カウンセラー 上原留美さんのコラム

苗字を変えることをオススメします!

再婚を望む人は、苗字は旧姓に戻した方がいいです。

離婚したことをなるべく隠しておきたいからなのか、
子供のためを思い変えないのか、
離婚しても苗字をそのままにしている人って少なくないですよね。

私が出会った人の中で、
苗字を元夫のままにしている人で再婚した人をみたことがありません。
( みんながそうという訳ではありません。)

綺麗な人も何故か再婚のチャンスに恵まれないのです。
もちろん結婚が全てではありません。
再婚を望むのであれば、ということです。

苗字を変えない人は依存傾向にある場合もあります。
離婚して頼れる家族がいない人に多いです。

子供を抱えて一人で育てなくてはいけなくなった時、何かあった時のためにという不安がそうさせるのかもしれません。

実際に離婚後も姓を変えず、元夫のご家族と子供を通じて家族ぐるみのお付き合いを続けていた女性は元夫が再婚することになり、まるで小姑のように意地悪になったのを見たことがあります。
新しいお嫁さんを仲間外れにしたがっているみたいでした。
離婚を切り出したのは彼女の方なのに。。。

反対に、苗字を変えずに離婚しようとしている知人に再婚したいなら苗字は旧姓に戻した方がいいよ、とアドバイスをしたところ、離婚してすぐに再婚が決まりました。

お相手の方も好青年です。

依存からは何も生まれません。

離婚を決意した方は、自立する決意もしましょう。

自立してから離婚しましょう、というのが正しいかもしれません。

私は離婚を決めてから自立したので、苦労しました。
今となっては必要な経験だったのだと断言できますが、自立しないまま離婚をしても何とかなったことも事実です。

あれこれ考えるより、自分の心に従いましょう!
嫌ならやめること、心が嫌だというのなら現状から抜け出してもちゃんと道は用意されています。

さぁ!
過去は綺麗さっぱり切り捨てて、
前を向いて行きましょう!

この記事が気に入ったら、「いいね!」しましょう。
あなたのfacebookに更新情報をお知らせします。

  • 目次
  • 著者

目次

この連載の著者

  • 上原留美さん

    カウンセラー 上原留美さん

    沖縄県で生まれる。
    推薦入学した高校を中退後、塾に通いながら旧大学入学資格検定を取得。

    その後、コールセンターのアウトバンドを5年、さらに別会社で3年。
    それからインバウンドを3年、出産を機に退社。
    その後、カウンセラーとなる。

    カウンセリングルーム 音泉 HP
    http://otoizumi.com/

Columnコラム