離婚した方がいい場合と、しない方がいい場合の見分け方。